本文へスキップ

Old Fashioned Love HAWAII


  1. TOP PAGE
  2. HAWAII MUSIC
  3. HM_Part1

見出しHEADLINE

<< HAWAII MUSIC CD 試聴記>>

PART 1

NATALIE AI KAMAUU (ナタリー・アイ・カマウウ)
La la la la

<曲目リスト>

01. A He Nani Ke Ao Nei
02. Shower Tree
03. Lei Nani
04. The First Lady of Waikiki
05. Ku`u Sweetie
06. Na Wai Kaulana/Wai O Ke Aniani
07. Ho`oipo I Ka Malanai
08. Make You Feel My Love
09. Waimea I Ka La`i
10. Uhiwai
11. Ka Wai A Kane

地元ハワイでの人気もさることながら、最近の日本におけるナタリー・アイ・カマウウの人気には驚きます。
何年か前、CDショップ「新星堂」で彼女のファースト・アルバムがワゴンセールで売られていたことが、
今では嘘のようです。

ですが、実際わたしはそのとき間違いなく1,000円で購入したのです。
現在のようなフラ・ブームになるほんの少し前のお話です。


当時1,000円でゲットしたナタリー・アイ・カマウウの
ファースト・アルバム「'e」

当時はハワイの音楽と言えば、ジェイク・シマブクロが注目されていて人気がありましたから、
ハワイを紹介する日本のテレビ番組では、必ず彼は出ていました。
時代はジェイクで、フラを踊るときのBGM、いわゆるフラミュージックなどは評価されませんでした。

知ってのとおりジェイクはウクレレ奏者ですが、
そんなウクレレ・ブームもやがて影を潜め(日本ではよくあることですが)、
次にやってきたのがいまも続いているフラ・ブームです。(果たしてそうなのかは分かりませんが)

その流れに乗ってメジャーになったのがナタリー・アイ・カマウウです。
あるいは彼女はフラ・ブームの火付け役的存在だったのかもしれません。

はっきり言えることは、彼女にはメジャーになるだけの素質があったということです。
以前から、メリーモナークでバックの歌唱をしていたようですが、
歌が上手く、美貌があって、スター性を持っていれば、何時かは報われるという典型例かもしれませんね。
それと忘れてはならないのは多少のLuckですが、それも彼女は持ち合わせていたのでしょう。

<<La la la la プロモーション・ビデオ>>

今回紹介するアルバムは恐らく、彼女にとっての6作目のアルバムだと思いますが、
上記のプロモでもアルバムの雰囲気は多少なりとも掴めるでしょう。

アルバム評価、結論から言うと一定水準をクリアした無難なアルバムと言えます。
収録曲も3曲目の「 Lei Nani」など懐かしいナンバーや彼女のオリジナルなど多彩ですが、
初期のアルバムを知るファンからすると果たしてどうなのかという疑問は正直残ります。

そんな中で画期的だったのが、 最終の11曲目の「Ka Wai A Kane」です。
よくある最終曲にチャントをもってきてアルバムを閉めるというパターンかと思ったのですが、
完全に裏をかかれまし。
この曲は10分32秒とかなり長い曲ですが、曲半ばの5分あたりで数秒間無音が続き、
前半の伝統的チャントとは一転して、現代風ダンス・ミュージックに同曲がアレンジされ,
繰り返されるという構成になっています。
良し悪しは別にして、注目に値するユニークな試みだと思います。

全体的にまとまっていて、合格点はクリアできると思いますが、
彼女が持つ才能を考えると、わたしとしては物足りなさを感じるアルバムです。



追記
最終曲で好みが別れるのではないかと思いますが、
この現象こそ実は、ハワイの音楽が今抱えている深刻な問題ではないかとわたし思っています。
つまり伝統を守るべきか、あるいはアメリカ本土のミュージック・シーンを採り入れるべきかという選択です。
それはミュージシャン自身が一番迷い感じていることではないかと思います。

この問題については別の機会に触れたいと思いますが、
ハワイミュージックの最大のテーマ(あるいは永遠のテーマなのかも)であり、
かなりの難問であることは確かだと思います。

★参考資料★
・アルバム「’e」は、ハワイではグラミー賞に匹敵する“ナ・ホク・ハノハノ・アワード”という
 音楽賞の中で最優秀女性ヴォーカルを獲得した受賞アルバムです。

・彼女の初期アルバムは「’A」、「’E」、「’I」などローマ字一文字のアルバム名ですので、
 ご注意ください。


<HAWAII MUSIC_2016/05>

JDAプロジェクト

人前ではいつも明るく、ひとりのときは思慮深く、ほどほどに芸術とハワイを愛し、いつも自然を大切に考え、焦ることなくマイペースで日々を過ごせたら、
人生最高!


JDAプロジェクトと言っても、
奥さんと二人の家内工業的プロジェクト
です。

サイト管理者:JDA

LINK

 ハワイイラスト、フラガールイラストのPuaPua提供


プラス得するハワイ情報サイト


ハワイ州観光局サイト

 The Bus サイト