本文へスキップ

Old Fashioned Love HAWAII


  1. TOP PAGE
  2. ARCHIVES
  3. borders

見出しHEADLINE

米ボーダーズ破産法申請<ARCHIVES版>

「ボーダーズ」ワード店の閉店に思う

上の写真は、現在ワード・センターの一画にあるトイザラス。
かつては米国のブックチェーン2位の「ボーダーズ」ワード店が入っていた場所である。
ワード地区のショッピングエリアでは最もアラモアナよりで、
目の前にはアラモアナ通りが走り、その向こうはアラモアナ公園、
そして、そのまた向こうはアラモアナ・ビーチと最高のロケーション。

「ボーダーズ」ワード店だった当時は、二階のオープンテラスは喫茶室になっていて、
地元の女子大生らしき若者がノートパソコンを持ち込み勉強している姿や、
アラモアナ公園内にあるテニスコートでテニスを楽しむ人たちをここから見ることができた。
わたしにとってハワイを感じる最もお気に入りの場所だったのだ。



2年前に来たときはまだ健在だったのに、
昨今のアマゾンなどのインターネット通販の台頭と電子書籍の普及が
こうした実店舗をもつ書店の売り上げを激減させた。
ボーダーズもその例外にはなれなかったのだろう。
2011年2月16日に破産法の適用を申請し、再建を目指していたようだが、
それも今年の7月に断念。

思い起こせば、「ボーダーズ」といえばワードをはじめ
アラモアナ、ワイキキ、カハラモール、
パールリッジ、ワイケレ、ハワイ島カイルアコナの各店で、
ハワイアンCDや書籍の購入で、これまでに何度もお世話になったショップ。
この間、ワイキキ、カハラモール、アラモアナと次々とクローズするたびに
不安を抱いていたものの「ワード店だけは・・・」と思っていただけに
実際に上記のような光景を目の当たりにすると、大変ショックだった。



一方、ワイキキでは、ビーチウォーク通り、ロイヤル・ハワイアンセンターなど
リニューアルして活況を呈してい場所がある。
アラモアナとワイキキの中間にあった「ハードロック・カフェ」がワイキキに進出し、
 IT業界でマイクロソフトを抜いた「アップル」のストアーが同じくワイキキに出店し、
連日の賑わいをみせている。
それに対し、アロハタワーやパールリッジなど郊外のショッピングセンターは
クローズ店がオープン店を上回るほどで、かなり前から悲惨な状況だ。
また、ノースショアのハレイワ・マーケットの閉店などは
残念な出来事として記憶に新しい。

今回の「ボーダーズ」の閉店、この場所が大好きで、
毎回利用していた私としてはとても残念だ。
堅苦しいかもしれないけど、「栄枯盛衰」のことばが思い浮かんだ。
ハワイの光と影を見た思いだ。

元気のないハワイは見たくないけど、
目まぐるしく変化する落ち着きのないハワイも見たくない。
昨今のこうした状況に心境は複雑で一喜一憂している。
いつ行っても、変わらないハワイであってほしいと思う。


<ミニ情報>
「ボーダーズ」なき今、ハワイのローカルたちは書籍や音楽CDをどこで買っているのだろう。
お節介ながらそんな疑問をもった。
音楽CDならウォールマートにもそれなりはあるけど、種類や数はイマイチ。
書籍にいたってはほとんど無いに等しい。

それとも、アマゾンや音楽ダウンロードが想像以上にハワイでは普及浸透しているのだろうか。
あるいは、私たち旅行者が知らない穴場ショップが存在するのか。
真相は定かではない。

そんな中、紹介できるのが「サム・グッディ(samgoody)」というCDショップ。
穴場ショップとまでは言えないけど、メジャーでもない。
アラモアナ・センター1Fの海側ワード寄り。
マカイ・マーケットから海側に出て右に折れ、暫く建物沿いに歩くとあるのですが、
この辺りアラモアナ・センター内では最も人気(ヒトケ)ないところかも・・・

今回、お目当てのアネライカラニのアルバム「E MAU NO」
をゲットしました。
当日は時間がなくて、店内をじっくりチェックできなかったのが残念!
値段はウォールマートほど期待できないけど、
ハワイアン・ミュージックの品数・種類はそこそこありそうなので、
アラモアナ行ったときは要チェックです。
(2011/11/29 JD)

<2011/11/29_archive>

JDAプロジェクト

人前ではいつも明るく、ひとりのときは思慮深く、ほどほどに芸術とハワイを愛し、いつも自然を大切に考え、焦ることなくマイペースで日々を過ごせたら、
人生最高!


JDAプロジェクトと言っても、
奥さんと二人の家内工業的プロジェクト
です。

サイト管理者:JDA

LINK

 ハワイイラスト、フラガールイラストのPuaPua提供


プラス得するハワイ情報サイト


ハワイ州観光局サイト

 The Bus サイト