本文へスキップ

Old Fashioned Love HAWAII


  1. TOP PAGE
  2. ARCHIVES
  3. SweetLovely_Raiatea

見出しHEADLINE

HAWAIIAN Music & Books <ARCHIVES版>

M-001 Sweet & Lovely Raiatea Helm

「レコードはジャケットで買え!」という甚だ根拠のない無責任な原則が、以前からわたしの頭の中にあった。
この原則はレコード選びで迷った時のわたしなりの判断基準であり、
CDの時代になっても変わることなく守られてきた原則である。

勿論、買い方はこれだけではない。
例えばひとりのアーチストを追いかけ、
そのアーチストが関わる新譜は必ず買うというのもひとつの方法だ。
クラシックCDなどでは指揮者やソリストで買うというのはごく一般的なことで、
わたしもそうした方法でよく買っていた。
 
音楽をインターネットからダウンロードで購入できる現在では一部を試聴することができるし、
店頭でも試聴のチャンスがあるから、ハズレCDを掴まされることは少ないが、
試聴が出来なかったレコードの時代はそんな危険がいっぱいであった。

そんなとき、わたしにとって役に立ったのが例の原則である。
慎重派はラジオでお目当てアルバムの曲が流れるのを待つか、
あるいは音楽評論家の意見や雑誌の批評をひたすら頼りに、買うか買わないかを判断したものだ。
わたしの場合は、専ら冒頭の原則を忠実に守り(信じ)、ギャンブル的な買い方をひとつのポリシーとしてきた。
一種のショッピング哲学なのだ。
評論家の意見を参考にするのも一種のギャンブルだと考えれば、
同じギャンブルなら自分自身を信じたいのは当然のこと。
これなら、結果が失敗に終わっても納得がいく。
 
しかしながら、ギャンブル的とは言え過去の戦績は意外と良かったように思う。
通算成績は7対3くらいで「当たり!」の方が勝っている(と信じたい)。
考えてみれば、冒頭「甚だ根拠のない無責任な原則」と書いたが、
この原則、意外と根拠アリかも知れないのだ。
なぜなら、いい音楽作品を目指す制作者はすべての面で妥協しないから、
当然ジャケットにもこだわるという考え方だ。

これまで、ビル・エバンスの「アンダー・カレント」やマドンナの「ライク・ア・バージン」などは
「当たり」の最たる事例であり、永久保存版扱いである。
ジャケットだけで十分価値があるのだ。
「ハズレ」のアルバムは名誉のため、ここでアルバム名は出さないが、
「Book Off」行きになったのは言うまでもない。

下記アルバムは、そんなわたしのショッピング哲学を逆の意味で裏切ってくれた最たるもの、
つまり「ジャケット審査で没、でも音楽のできとしては素晴らしいCD」の例として今回紹介したいと思う。



M-001 Sweet & Lovely
Raiatea Helm
Raiatea Helm

曲名 時間
1 Ka Loke Polena 2:52
2 Ku'u Lei Pua Kukui O Kamakou 5:29
3 Maile Swing 2:37
4 Pakalana 3:52
5 Alika 4:49
6 Kahealani 2:44
7 Pua Mae'ole 3:19
8 Hu' U E 3:14
9 Leiana Kiele 3:16
10 Ku'u Wa Li'ili'i (Hupe Kole) 3:18
11 Kalama'ula 4:29
12 Ku'u Home Aloha 3:32
13 Haole Hula 3:59
14 At Last 3:57



2004年、ライアテア2作目のアルバム。 
このアルバムが発売された2004年といえば、わたしが精力的にハワイアンCDを集めていたころである。
当時、このアルバムの存在は知っていたが、例のこだわりの哲学(?)から、買わずにスルーしていた。
求めていた正統派ハワイ音楽の基準からすると、このジャケットは落選だったのだ。
どう見てもハワイ在住のアイドル歌手としか見えなかったからだ。
つまり、彼女を侮っていたことになる。

後に、彼女の実力を知りデビューアルバム、サードアルバムと購入し、
セカンドの当アルバムが一番最後になってしまった次第。反省してます。
 
アルバム全体を聴いて感じたのは、このアルバムがジャケットのイメージとはまったく違って、
トラディショナルハワイアンであること。
そして、彼女がもの凄い声量の持ち主であるということ。
調べて判ったことだが、伝説の歌手ジョージ・ヘルムは彼女の叔父さんだったのだ。
そのことからも彼女が単なるアイドル歌手でないことは頷ける。
まさに、彼女はベースがしっかりした正統派フラ・ミュージシャンだったのだ。
どのナンバーもフラに相応しい曲調で楽しめるが、
なかでも5曲目の「'Alika」は彼女の声量が活かされたナンバーで、
まるでオリジナル曲のようで完成度は高い。
また、3曲目の「Maile Swing」は彼女の特徴がこの一曲に凝縮といった感じで、
彼女の実力を証明するに相応しい作品と言えよう。
現地ハワイでも将来を有望視された女性ボーカルのひとりになっている。

購入は今回のハワイ旅行(2009年7月)のときで、なんと発売から5年も経過していた。
遅くなった理由は上記の通りである。(2009/08 JD)

<HawaiianMusic_2009/08_arhive>

JDAプロジェクト

人前ではいつも明るく、ひとりのときは思慮深く、ほどほどに芸術とハワイを愛し、いつも自然を大切に考え、焦ることなくマイペースで日々を過ごせたら、
人生最高!


JDAプロジェクトと言っても、
奥さんと二人の家内工業的プロジェクト
です。

サイト管理者:JDA

LINK

 ハワイイラスト、フラガールイラストのPuaPua提供


プラス得するハワイ情報サイト


ハワイ州観光局サイト

 The Bus サイト