本文へスキップ

Old Fashioned Love HAWAII


  1. TOP PAGE
  2. ARCHIVES
  3. BossaHulaNova_LisaOno

見出しHEADLINE

Music & Books <ARCHIVES版>

M-007 BOSSA HULA NOVA / LISA ONO(小野リサ)

<アルバム情報>
BOSSA HULA NOVA/ LISA ONO
TOCT-24627 \3,059
2001年

BOSSA HULA NOVA

前回のセルジオ・メンデスのアルバムに引き続き、
ボサノヴァ・アルバムを紹介。
小野リサの「ボサ・フラ・ノヴァ」である。
とは云っても、このアルバム、単なるボサノヴァ・アルバムではない。
アルバムタイトルが示す通りボサノヴァとハワイアンの融合アルバムである。

小野リサと云えば、日本でも日系ボサノバ・ミュージシャンとして既に有名だが、そんな彼女がハワイアンに挑戦したアルバム。

ブラジルもハワイも、そこからイメージされるのはともに夏。
どちらも陽気な土地柄。

でも、夏と云っても陽射しいっぱいの元気な夏ではなくアルバム内では、
木陰でたたずむ静かな夏が展開される。
選曲もそんな雰囲気を意識してかハワイアンのスローナンバー中心の構成。
超お馴染みな曲もたくさん入っている。
ボサノヴァのゆったり感はハワイアンミュージックの癒し系と通じるところがあり、
なんの違和感もなく聴き終えた。

そんな中、3曲目の「ブルー・ハワイ」、8曲目の「サンゴ礁の彼方に」はアレンジの良さも光っているが、
彼女の歌声で聴くと、この2曲がジャンルを超えた名曲であることに改めて納得させられる。

冒頭、「小野リサがハワイアンに挑戦したアルバム」と紹介したが、
彼女の歌唱は挑戦と云うよりは調和と云った方が相応しいかもしれない。
彼女はハワイアンミュージックに対し敬意を払いながらも、自身のボサノヴァ路線を決して忘れていないからだ。
それは最終曲「アロハ・オエ」ではっきり分かる。
曲の後半、フラミュージックの大御所テレサ・ブライトが加わるところがあるが、
そこで感じる両者の歌唱法の違いは、まさにボサノヴァとハワイアンミュージックの違いそのものだ。

正直なところ、この二人の声質はよく似ている。
だが、両者から受ける印象はまったく別物であり、
それぞれが独自の音楽世界を持っていることがわかる。
さすが小野リサ、さすがテレサ・ブライトである。

今回採り上げた「BOSSA HULA NOVA」は小野リサが2001年に発表したアルバムである。
「エッ!10年前のアルバム」と驚くほど、アレンジもアルバム全体の印象も古臭さを全く感じさせない。
このページでいつかは紹介しなければと思っていたアルバムである。
イージーリスニングとして、これからの季節ピッタリな一枚。
(2011.04.04 JD)


<アルバム収録曲>
BOSSA HULA NOVA/ LISA ONO

# 曲名 時間
1 SWING TIME IN HONOLULU 3:43
2 NANI WAI'ALE'ALE 2:32
3 Blue Hawaii 3:18
4 MANOA 4:57
5 MAUNA LOA 2:42
6 HAWAIIAN VAMP 4:46
7 E ASSIM 4:31
8 BEYOND THE REEF 3:51
9 POLIAHU 3:42
10 KAIMANA HILA 3:31
11 Flor De Yemanja 2:22
12 SWAY IT,HULA GIRL 4:26
13 ALOHA'OE 3:33

<Music_2011/04/04_archive>

JDAプロジェクト

人前ではいつも明るく、ひとりのときは思慮深く、ほどほどに芸術とハワイを愛し、いつも自然を大切に考え、焦ることなくマイペースで日々を過ごせたら、
人生最高!


JDAプロジェクトと言っても、
奥さんと二人の家内工業的プロジェクト
です。

サイト管理者:JDA

LINK

 ハワイイラスト、フラガールイラストのPuaPua提供


プラス得するハワイ情報サイト


ハワイ州観光局サイト

 The Bus サイト