本文へスキップ

Old Fashioned Love HAWAII


  1. TOP PAGE
  2. ARCHIVES
  3. 2012_hawaii

見出しHEADLINE

恒例のハワイ旅行 2012年は?<ARCHIVES版>

ラニカイ・トレイルに挑戦!

前回のハワイでは「マノア・フォールズ・トレイル」に挑戦し、ラッキーなことに雨にも降られず、
大自然の緑と楽しいトレッキングを充分に満喫できたことから、
今度は「ラニカイ・トレイル」に挑戦と相成りました。

(目指すはあの頂き!)

トライしたのはハワイ時間で10月25日(木)
この日は朝から快晴、陽ざしも強くハワイの10月下旬としては暑いくらいだったと思う。

6時に起床。朝食はとらず、アラモアナ始発の57Aのバスに乗りカイルアの町へ。
カイルアの町周辺にはいくつかバス停があり、
目的に応じてどこで降りるか前もってチェックしておくといい。
(カイルアの町)
この日はカイルアの町へ入ってすぐのバス停で降り、Hoolai St沿いにある「Moke's Bread & Breakfast」でパンケーキ、オムレツ、トースト、コーヒーの朝食をとり、70番のバスに乗りトレッキングポイントへ。
カイルア・ロード沿いにある謎の像、
「Moke's Bread & Breakfast」 の目印になります。

当日の朝食メニュー (因みに朝食代はチップ込みで二人で$30)

70番バスの降車タイミングとトレイル入口はチョッとわかり辛いので、下調べしておいた方が無難。
更に、バスに乗るときに運転手さんに目的地を告げ、
降りるバス停に着いたら教えてくれるよう頼んでおけばなお安心だ。
トレイル入口はKAELEPULU(カエレプル)通りを目当てに行けばわかるだろう。

バス降車後、AALAPAPA DRを多少歩いて、このKAELEPULU DRの標識が見えたら右折。

(ミッド・パシフィック・カントリー・クラブ)

シャレた住宅地を通り過ぎゴルフ場入口が見えたら、トレイル開始地点はもうすぐだ。
日本の観光地のように、目立つ看板などないので注意が必要。

トレイルは最初は手を付かないと登れないほど(冗談でなく)険しくゴツゴツしていて、
先行き真っ暗だったが、 徐々に勾配も緩やかになりその後はマイペースで何とか頂上(?)まで到着。
所要時間約30分くらいかな、途中休憩5分含めて。

頂上からの眺めは、噂通りの絶景、絶景、また絶景で想像以上、失望させられることはないだろう。
眼下には、ラニカイの高級住宅群がジオラマのように広がり、
その向こうに天国の海(*1)が水平線まで続く。
その色はブルーと決めつけるにはあまりのバリエーションで、
場所によっては淡いグリーンも混ざった複雑な色合いである。
その中に、雑誌や旅行パンフでよく見かける二つの島モクルア・アイランド(Mokulua Islands *2)が、
まるで海面に浮かんでいるかのようにポッカリと顔をだし、確固とした存在感を放っている。

左に目を移すと、カイルアの海が広がりフラット・アイランド(*3)も見ることができる。
前方180度は海のパノラマ、後方180度はコオラウ山脈の山々が広がる、最高に贅沢な光景である。

ただ、個人的には前回の「マノア・フォールズ・トレイル」の方が
ジャングルを探検するようなワクワク感と神秘性があり興味深かった。
変化に富んだ景色や鳥や花々との出遭いは、登る途中でもわたしたちの目を楽しませてくれた。
それに対しラニカイ・トレイルでは、肉体的ハードさに加え、
岩肌むき出しの道をひたすら登るという行程の単純さに、 忍耐力という精神的強さも必要かもしれない。

とは言うものの、頂上からの絶景とカイルア・ラニカイビーチの美しさそのものが損なわれるものでは決してない。
実際の素晴らしさを感じるには、他人の話や写真等では物足りない。
その真っ白な砂浜を自らの素足で歩けばきっと判ってもらえるはずだ。
オアフでも指折りの絶景ポイントである。

*2011年版ハワイ「マノアは自然の宝庫」記事を読む

実を言うと、先に述べたラニカイの絶景は頂上まで行かなくても、中間点辺りで見ることができる。
そのため、そこで満足して頂上まで登らない人も多いようである。

中間点辺りからの眺め、 これでも大満足ですが・・・

日本でも、最近は雑誌等でもラニカイ・トレイルを採り上げることが多くなっていたので、
日本人が多いかと思っていたけど、トレッキング中ほとんど遭うことはなかった。

こんな可愛いポストがいっぱい

この辺りの住宅地には、その家ご自慢のシャレた可愛いポストがあるので、
探してみるの楽しいかもしれない。
カイルアの町からトレイルポイントに向かう70番のバスは1時間から1時間半に1本という
タイムスケジュールなので、 行き帰りの時刻を事前にチェックしておかないと貴重な時間をロスします。

バスに関連することでいえば、この2012年8月19日、20日から一部のバス路線でルートの変更、
廃止などがあったようなので利用の際には確認が必要です。
また、ワイキキなどとは違い、遅くなると人気もグッと少なくなるとのこと、
安全面からも朝早い行動をお奨めする。

あの感動を実際に味わって頂きたいため、敢えて頂上からの絶景写真は載せませんでした。
2012/11 JULIA & JD


<注目キーワード>

*1 ラニカイ:ハワイ語で「Lani」は天国、「kai」は海なので、まさに「天国の海」

*2 モクルア・アイランド: Mokulua Islandsと複数形で表記するように、島2つでこう呼ぶそうである。どうやら個人所有の島らしい。 グーグル・マップの「地図」表示では真っ白状態である。

*3 フラット・アイランド: 正式名称はポポイア島。まるで人工的に作られたかのような平らな島なのでこの名が付いたようである。
こちらはハワイ州管轄の島で、上陸可能とのことだが、海鳥の保護区になっているので注意が必要。

<2012/11/01_archive>

JDAプロジェクト

人前ではいつも明るく、ひとりのときは思慮深く、ほどほどに芸術とハワイを愛し、いつも自然を大切に考え、焦ることなくマイペースで日々を過ごせたら、
人生最高!


JDAプロジェクトと言っても、
奥さんと二人の家内工業的プロジェクト
です。

サイト管理者:JDA

LINK

 ハワイイラスト、フラガールイラストのPuaPua提供


プラス得するハワイ情報サイト


ハワイ州観光局サイト

 The Bus サイト